同期がいない悩みのブランク看護師

ブランクのある看護師にとって、復職をとても勇気のいる事だと思います。

 

新卒の時は、プリセプターが付きますし、同期の看護師もいるでしょうから、悩みや愚痴も言えますし、分からない事を聞いたり、一緒に勉強したり、飲みに行ったり、ご飯を食べたり、仕事でもプライベートでも同期の存在が大きなものになると思います。

 

でも、ブランク看護師の場合は、同期がいない事の方が多いですし、たまたま同期入職の方がいても、年令や経験も全く違うでしょうし、なかなか仲良くなれないと思います。

 

同期がいたから続けられたと言う経験は誰でもあるのではないでしょうか?

 

同期がいるかいないかは、とても大きな問題だと思います。

 

病院によっては、中途採用やブランク看護師の教育にとても力を入れています。

 

中途採用やブランク看護師にもプリセプターを付けたり、仕事に慣れるまで実習や講習などを働きながら行ったり、病院によって待遇はまるで違います。

 

また、看護師の再就職支援セミナーなどを開催している病院では、同じくブランクがあったり、中途採用の看護師が受講していますから、同期の様に心強い存在になりますし、同じ悩みを持つ者同士、入職してからも大きな存在になると思います。

 

再就職支援セミナーを開催している、中途採用・ブランク看護師のサポート体制が整っているなど、再就職支援に力を入れている病院は、働きやすいと思いますよ。