ブランク看護師に向いている仕事のスタイル

数年のブランクがあると、復職する時に、どの様な勤務体制で働くか迷う方も多いと思います。

 

特に、子供が小さくて、働く時間に限りがある方は本当に迷ってしまいますね。

 

看護師の勤務体制は様々な種類がありますが、常勤・非常勤・バイト・パート・派遣・夜勤常勤・夜勤パートなどがありますが、どの様な勤務体制なら働きやすいのかを良く考える必要があります。

 

例えば、子供が幼稚園や保育園に行っている時間だけ働きたいとなれば、日勤常勤や日勤パート・アルバイトなどですが給料面を考えると、やはり日勤常勤が良いですね。

 

でも、常勤となると残業や土日などの勤務の必要も出てきますから、子供の預け先なども考える必要があります。

 

子供が小さい内は、1日数時間のパートやアルバイトで、落ち着いたら常勤になる方法もありますが、ボーナスや退職金・家族手当などを考えると、やはり工夫をして常勤をした方が長い目で見ると良い点が多いです。

 

例えば、残業なしの求人・土日なしの日勤常勤、年間休日が多い職場、院内保育所のある職場などを選ぶ事で可能になると思います。

 

私は、子供が1歳の時から復職しましたが、夜勤専従は働きやすかったです。

 

子供が小さいと夜勤は嫌煙される方が多いのですが、2交代の夜勤専従だったので、日中の空いた時間は子供と遊んだり、普段出来ない家事をしたりと余裕が持てました。

 

夜勤がハードな病院だと夜勤明けは子供と遊ぶ元気がないかもしれないので、夜勤が比較的に落ち着いている病院を選ぶのがポイントです。

 

例えば、老人病院・精神科・個人病院の病棟などは夜勤業務が比較的落ち着いているので、仮眠も休憩もしっかり取れるので、夜勤でも体は疲れませんよ。